自宅でWifiルーターを導入する時のおすすめ

インターネットを無線で繋げるのに活躍する、Wifiルーターは最近のネット環境の構築にとって重要な位置を占めています。そんなWifiルーターの選び方のおすすめを考えてみましょう。ルーターも高い物から安い物まで色々ありますが違いとしては、高価なルーターは通信速度の速さがあり、通信の安定性も高く、新しい通信規格へも対応しています。


一方で安い商品の傾向は通信の速度が遅い場合があり、回線の安定性も良くない場合も見受けられます。

有望なおすすめのWifiに関する特集が満載です。

Wifiの通信方式でメインとなっているのが、11g、11n、11acのそれぞれの規格です。
それぞれ速度の違いがありますが、現行では11acが最新です。

安い機種の中には11nまでの対応していないケースがありますので、自分の用途にあった機種を見つけることをおすすめします。ルーター選びの方法では「ビームフォーミング」という機能があって、ルーター本体側が受信する端末機器(PCやスマートフォンなど)のある所やそこまでの距離を認識することで、回線の電波を集中的に送る事を可能とした機能です。

最近の機器は対応モデルが増えてきていますが、安い機種は対応してない場合もありますので、確認が必要です。



ルーターの「ストリーム」も選ぶ際のポイントとなってきます。
ストリームとはアンテナの数で、2ストリームの場合は2つの送信と受信が速度を落とさずに送受信できる事になります。ストリーム数は一般的には1〜4程度の物が多く売られています。



自分が利用する端末機器の台数に合ったモデルを選ぶのがおすすめの選び方といえます。